恋人でもない女性と肉体関係を持とうとしても、簡単にはうまく行きません。
そこで問題なのが男女の貞操観念の違いです。(厳密にはそこでは無いのですが、それは後述)
>>女友達と肉体関係を持つために越えなければいけない壁

女性は清くなければいけないという風潮

彼女や嫁がいるという男性でも、パートナーとのセックスだけではなくAVやエロ動画・エロ本を見ながらのオナニーもしている人は多い・・・と言いますかごく当たり前にオナニーもしている人が殆んどでしょう。のみならず、風俗へ行って本番こそありませんけどパートナー以外の女性の身体で性欲を満たしている男性はそう少なくないですし、そんな人でもさして「奥さんがいるのにそんな事やって・・」とはあまり言われませんよね。
大して女性はどうかと言えば、女性向けの風俗なんて大して聞いた事もありませんし、ホストにハマってしまう女性なんて、別に肉体の関係を持つわけでもないのに物凄く叩かれる風潮がありませんか?
まして色んな男と肉体関係を持っている女性なんて「ヤリマン」なんて言われてかなり蔑まれます。一方で女好きで色んな女性と肉体関係を持ってしまう男性は「ヤリチン」と言われはしますけど、「ヤリマン」ほど酷くは言われない傾向にあるように思えませんか?

冷静に考えるとこれは男女差別なんじゃないの?と思う程に、性の欲求に対する姿勢が「パートナーのみ」じゃない事に対し、女性は物凄く蔑まれる傾向にあるのです。
これを解決出来なければ、彼女ではない友人の女性と肉体関係を持つなんて無理な話ですね。

本当の壁は貞操観念ではなく「誰かに知られる事」

ここまで読むといわゆる「ヤリマン」の女性でないとセフレなんてなれないのじゃないか?と考える人もいると思います。確かにヤリマンの方が関係を持つのは簡単ですが、そうでなくてもセフレになる事は可能です。
何故なら、女性だって彼氏やダンナがいても別の素敵な男性にときめいてしまう事・恋をしてしまう事はもちろんありますし、素敵な男性に抱かれたいという欲求はどの女性にもあるからです。
でも貞操観念が・・・と思うでしょう。実はそうじゃないのです。

別の言い方をしましょう。
女性が彼氏でもダンナでもない男性にときめき、「この人とセックスしたい」と思った時に、たとえその男性から誘われても行為に及ばない理由は「他の男性と関係を持ってはいけない」という貞操観念ではありません。

自分が貞操観念の無い行動をとった事を誰か知人に知られてしまう事が怖い。
貞操観念の無い女だと思われてしまう事が怖い。

だから自分の欲求に素直に行動する事が出来ないのです。
※参考記事:http://xn--ujqq15e18grqo.xyz/女友達とセックスに至る為の2つのポイント/

誰かに知られる不安を取り除けば行為に及ぶ

彼女でも嫁でもない女性と肉体関係を持とうと思った場合、まずその女性に男性として素敵だと思われること・「この人とセックスしたい」と思われる事がまず第1に絶対条件ですが、それだけではなくこの「誰かに知られたらどうしよう」という不安を取り除く必要があります。この不安を取り除くというのは難しそうに思えますが、実はそう難しくないのです。
>>不安を取り除く方法